任整ナビ - 任意整理の基礎知識を紹介

グレーゾーン金利とはどんなもの?

債務整理の一つの手法である任意整理では、利息を引き下げてもらったり、借金の減額を交渉によって行うことができます。いろいろなケースがありますが、任意整理の多くは過払い金返還請求となっています。この過払い金返還請求とは、今まで利用していた消費者ローンで払い過ぎていた利息を返してもらうという手続のことを指します。

 

ローンなどの金融商品は、法律によって金利の上限が決まっています。その上限金利を超えてのローンは無効で、もし金利を払い過ぎていたのであれば、金融会社はその分を返さなければなりません。しかし、消費者ローンにおいては、一時期グレーゾーン金利というものが存在していました。このグレーゾーン金利とは、二つの法律の間に存在していた上限金利の差によって生じていました。

 

二つの法律の間にあった金利

その二つの法律とは、出資法と利息制限法というもので、利息制限法では最大で20%の利息を上限としていましたが、出資法では29.2%まで利息を課すことができていました。消費者金融は本来20%までしか利息を取ることができないのですが、「契約者の間で合意があれば、29.2%までの利息を付けられる」という項目があったので、そこを利用して20%以上の利息を取っていたのです。グレーゾーン金利とは、この20%以上29.2%以下の金利のことを指すのです。

 

払い過ぎていた分の返還

平成22年に法律が改正されて、消費者金融においては、20%を超える利息は違法であることが明確になりました。そして、以前にグレーゾーン金利が適用されて支払われていたケースについても、違法であることが明らかにされ、金融会社は払い過ぎていた分の利息を返還することが求められるようになったのです。

 

とはいえ、この過払い金の返還は、利用者が請求をしないとなされないのが現実であり、実際に請求をしてもすべての額が戻ってくることはほぼありません。特に素人が自分で交渉をしても数割程度の返還しかなされないことが多くなっています。裁判所に訴え出て判決を取ることもできますが、かなりの手間と時間がかかるため、現実的にはあまりなされていません。そのため、司法書士や弁護士などの専門家に依頼して過払い金返還請求をするのが多くなっています。裁判所に持ち込むというケースでも、専門家ですので迅速に確実に処理してくれますので安心できます。

 

依頼すると料金はかかりますが、それ以上の返還金を受け取れることが多いので、トータルで特になります。