任整ナビ - 任意整理の基礎知識を紹介

任意整理をすると銀行口座に影響があるの?

任意整理をすると、信用情報機関のブラックリストに載ってしまって、向こう5年間はローン商品の申し込みやクレジットカードの作成ができなくなる不便が生じます。また、銀行が提供しているサービスにも支障が出ることがありますので注意が必要です。

 

銀行口座の取り扱いにも影響が出てくることがありますので、実際に任意整理の手続きを始める前に、しっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

 

銀行口座が凍結される可能性

任意整理をすることによって生じる銀行口座への影響として一番大きいのは、口座が凍結される可能性があるということです。これは、同じ銀行のカードローンなどを使っていた場合に起こります。つまり、ある銀行の口座を持っていて、その同じ銀行が発行しているカードローンを利用していたものの、返済に困り任意整理をするとします。もしくは、過払い金請求をします。すると、ローンの支払いを確実なものとするため、銀行はその口座を凍結して、そこにあった預金をローンの支払いに充当するのです。

 

凍結されているわけですから、預け入れはできるものの、預金の引き出しはできなくなってしまいます。そのため、口座と任意整理をしようとしているローンが同じ銀行であれば、手続きを行う前に預金を引き出したり、給与振込先を他の銀行口座に変えたりする必要があるでしょう。

 

もっとも、口座が凍結されるのは、同じ銀行で整理手続を行う場合のみです。任意整理をする予定のカードローンが他の銀行によって運営されているものであれば、その影響が現在口座を持っている銀行にまで及ぶことはありませんので安心できるでしょう。

 

口座開設は?

また、任意整理を行ったからと言って、新たに銀行口座の開設ができなくなるということも生じませんので、心配することはありません。特定の種類の口座は開設にあたって調査がなされますが、一般の預金口座であれば誰でも開くことができます。もっとも、整理を行った同じ銀行の場合は、規約によって口座開設が認められないこともありますので注意が必要です。

 

とはいえ、口座を開設できる銀行の数はたくさんありますので、利便性が高く使いやすい銀行ならどこでも構わないでしょう。このように、整理を行ったために銀行口座に及ぶ影響は限定的なもので、さほど心配する必要はありません。手続によって口座が凍結されるとしても、事前に必要な措置を取っておけば問題なく手続きを進めることができますので、早めに預金引き出しや振り込み先の変更などをしておきましょう。