任整ナビ - 任意整理の基礎知識を紹介

任意整理にかかる費用はどのくらい?

任意整理とは、債務者が、カードローン会社などの債権者と交渉をして、借金の元金を減らしてもらったり利息を下げてもらったりすることです。裁判所を通すことなく、当事者同士でのみ行う交渉ですので、その減額の割合は完全に交渉次第となります。

 

上手に交渉することができれば、しっかりとした減額を勝ち取ることができますが、もし上手にできなかった場合は、思ったような結果にならないこともあります。

 

任意整理をプロに依頼するメリット

金融機関も任意整理の扱いに慣れていますので、素人が交渉の場に臨んでもあまり譲ってくれず、それほど大きな減額に応じることはありません。債権者としては債権を手放したくないというのは当然の心理ですので、なかなか難しいと言えるでしょう。

 

しかし、法律の専門家である司法書士や弁護士が間に入って交渉を行うと、金融会社も譲歩することが多いので、より高い額の減額を勝ち取ることができます。こうしたことから、任意整理をする際には、法律事務所に依頼するケースが多いのです。

 

費用は割安なところもある

司法書士や弁護士に仕事を依頼することには、費用面での心配を持っている人が少なくありません。確かに、弁護士費用というは相当な金額になるというイメージが一般的になっています。

 

しかし、過払い金請求などが多く扱われていることもあり、多くの法律事務所では、手軽に任意整理を行えるようにしています。もともと、こうした法律上の手続きに関する料金というのは、決まったものがありませんので、それぞれの事務所で自由に決められることになっています。そのため、多くの顧客を得るために、割安な料金を設定するようになっています。

 

着手金と報酬金を合わせて5万円から8万円程度というところが多くなっていて、成功報酬として減額もしくは返金された分の10%から20%程度を請求するというのが一般的な流れとなっています。さらに、法律事務所の中には、着手金をなしにしていたり、相談料を無料にしていたりするところもあります。着手金の請求があるにしても、すべての手続きが終了してからまとめて払えるようなシステムを採っているところもありますし、すべての費用を分割払いにできるとしているところもあります。

 

よって、任意整理を行う時の費用については、さほど心配せずに済むという状況になっています。プロに頼んで整理を行ったもらった方が、結果的に得することが多いので、まずはどのくらいの料金がかかり、どのくらいの減額、返金がなされるかを相談してみると良いでしょう。