任整ナビ - 任意整理の基礎知識を紹介

任意整理をすると車や家はどうなるの?

任意整理は債務整理の一種で、借金の支払いを軽くしするための方法です。しかし、債務整理をすると、財産が取り押さえられてしまい、車や家を手放さなればならなくなるという心配を抱えている人がいます。こうした心配のために、実際の手続きを採ることをためらってしまい、ずるずると借金の苦しみから抜け出せない状態になっているのです。

 

住宅のケース

しかし、結論から言えば、任意整理をすることによって家や車を手放さなければならないということはありません。まず家についてですが、住宅ローンはそもそも任意整理の対象ではありませんので、手続き自体をすることはできないのです。個人再生(手続き次第で残すことも可能)や自己破産をすると、住宅ローンも差し押さえの対象となってしまい、ローンの支払いの代わりに家を失ってしまうことになります。

 

しかし、任意整理では、住宅ローンを扱って利息を引き下げたり元金を減額したりすることはできないことになっていますので、そのままの状態を保つことができます。もちろん、住宅を失うことがない代わりに、住宅ローンを支払い続けていく必要があります。

 

カーローンがあるなら

一方、カーローンの場合は、それを整理の対象とするかどうかで変わってきます。もし、カーローンの支払いがどうしてもできないので整理したいというのであれば、ローンの支払いをストップする代わりに、車を失うことになります。カーローンのシステムでは、もともと車の所有者はローン会社になっていますので、整理をするとすぐに取り上げられてしまうことにあります。

 

しかし、車を取り上げられたくないのであれば、カーローンを整理の対象から外して、そのままローンを払い続ければ良いでしょう。他の借金のために、車を差し押さえて充当するということは、このタイプの整理では基本的にありませんので安心して良いでしょう。

 

このように、任意整理の良いところは、整理したい借金のみを扱って、残したいものに関しては触れないでおくという選択ができることです。もちろん、残っているローンについては支払いを続けなければなりませんので、整理後の支払い計画をしっかりと立てて、健全な支払いを続けられるようにしましょう。

 

自分の財産を確保しておくことは、生活を支えるためにも重要ですので、できるだけ残せる方向で整理の仕方を考えることが大事です。弁護士や法律事務所に具体的な方法を相談して、賢く借金の苦しみから解放される手段を採るようにしましょう。