任整ナビ - 任意整理の基礎知識を紹介

任意整理をするメリットとデメリット

多額の借金を抱えていて、毎月の返済が追い付かなくなってしまうと、精神的にも大きなストレスを抱えることになります。そのため、借金の額を減らしてもらったり、利息の分を減額してもらったりする任意整理という手段を採ることができます。

 

また、グレーゾーン金利が適用されていたローンを利用していたのであれば、払い過ぎていた分の利息を返してもらうために、任意整理に加えて過払い金の手続きも行うことができます。

 

このように任意整理は、借金から解放される素晴らしい方法です。しかし、メリットとデメリットの二つの面がありますので、しっかりと両方を考えた上で手続きをするかどうかを決めるようにしましょう。

 

任意整理のメリット

任意整理をするメリットとしては、やはり借金の支払いがとても楽になる、もしくは借金そのものがなくなるという点が挙げられます。この手続きの多くのケースは、以前に契約したローンの利息の過払い金を返還してもらうというものですが、過払い金の請求をすることによって、残っている借金が相殺されて一気に借金がなくなることもあります。

 

また、すでに支払ってしまっているものでも、返還請求が可能ですので手元に資金を取り戻すことができるようになります。

 

また、普通の借金であっても、元金を減額してもらったり、利息分を減らしてもらったりすることができますので、その後の月々の支払いが楽になるでしょう。とても返しきれないと思っていた借金の完済が見えてきますので、気持的にもとても楽になるでしょう。

 

任意整理のデメリット

一方で、任意整理にはデメリットもあります。その一つが、信用情報機関で保管されている信用情報に、債務整理をしたという記録が残ってしまうことです。この記録がつくと、一般的に5年間は消費者金融の利用ができなくなったり、クレジットカードを作れなくなったりします。また、通常の銀行のローンの利用ができなくなったり、利用条件が引き上げられてしまったりすることがあります。

 

さらに、多くの場合、任意整理は司法書士や弁護士に依頼することになりますので、そのための費用を払わなければならなくなります。もちろん、この手続きをすることによって減額される借金の方が、依頼費用より高くなることが普通ですので、結果としてはお得なのですが、別の支払いが増えるという思い煩いを抱えることになります。メリットだけでなく、こうしたデメリットもしっかりと考えて、どちらが自分にとって良いかを慎重に検討するようにしましょう。